サレ妻の3つの特徴

こんにちは。
サレ妻の自分解放応援団☆いーちゃんです!

色んな人が色んなことを書いているサレ妻の特徴ですが・・・
どうどうとサレ妻であるいーちゃんの分析を発表します!

よく聞くサレ妻の3つの特徴について検証しました。

1.かかぁ殿下

旦那さんの居場所がなく発言権すらないとか、出来る嫁すぎて旦那さんの立場がないというものが多いです。これについて思うのは、嫁がどうというよりも、旦那さんにフォーカスを当てて欲しい。優しい男性は、嫁の願いを叶えてあげようと思うものです。男性性が強いからこそ女性を喜ばせたいと思うのです。それが永遠に続くのが結婚、だから他に気楽な女性関係を持つ、と考えます。息抜きね!しかもそのような男性って、人を喜ばせられる人だから仕事が出来るタイプが多い。口説くのも上手。そんな男はモテる。女は押しに弱いし、出来る男は肉食女子の標的となりやすい。結果、浮気をする男性の嫁は要求がエスカレートしていき旦那さんは帰宅しなくなる。ということで「かかぁ殿下」と間違えて言われてしまう。本当は、【仕事が出来る男の嫁】である。

2.セックスレス

もちろんセックスの相手を嫁が拒めば、お金をある程度持つ男性でかつそれなりに清潔感があれば外でするでしょう。ただ一ついえるのは、嫁とセックスしていても浮気する男性は浮気をします。毎日違う女性と関係を持ちたい男性もいるのです。仕事の出来る男は性欲の強い男性が多いのは間違いないです。エネルギーが高いのです。女性にはあまりわからない世界ですが、レイプ事件など見ると、性欲の為にそこまでするのかと驚きますよね。それが男性の性欲なのです。エネルギーでいうと、本来女性の方がセックスでエネルギーを生み出すので、男性は充電しに入ってくるイメージです。女性のオーガズムって男性の7倍とか言われてたりするのもここにあります。だからこそ、女性は感度の良い子宮を保つことがとても大切になります。そしてエネルギーの高い男性がエネルギーを人一倍追い求めるのも理解できます。女性も子宮を使って放電しやすくしておきましょう!

3.料理下手

これは耳が痛い!これについては本当だと考察します。自分の健康を考えてくれる=愛情 と考える男性は多いのだと思います。男性って愛情をなにか見えるもので判断しやすいので、健康を気遣ってくれるとかに弱いです。自分の子の健康にも関わりますしね。子供でさえ、母親のご飯が美味しいとご飯を楽しみに帰宅します。ただ、個人的には料理というよりも、食事を共にするかどうかが重要だと思っています。家庭を築きあげるのは、意外と食事の時間ではないかと思うからです。外食でもいいのです。買ってきたお惣菜でもいいのです。一緒に楽しく食事をする方が、嫌々作った料理を不満たらたらで食べるよりも、数倍栄養を吸収します。今はもう、それが証明されている時代です。なので料理の上手い下手は、将来的には関係なくなると思います。食卓の団欒の楽しさこそ大切です。

まとめ

《1.旦那さんに要求しすぎない 2.セックスはよっぽどじゃない限り拒否らない 3.料理上手な方がよい》
上記色々書きましたが、結論として『浮気する男はする』これだけです(笑)1割のカップルのみが相思相愛だと言われています。押さえつけても監禁しても仕方がないのです。コントロールはそこにエゴが入ります。エゴは愛の質が低いのです。そもそも監禁してお互いに幸せか?ってことが大切です。特に結構なお金を稼いでる男性と結婚した場合、よっぽど魅力がないか高尚な男性でない限り浮気する傾向にあります。もしあなたの旦那様が浮気をしていないのであれば、万々歳です!幸せに浸ってそのままでいてください。私もその世界が観てみたかったです!!まだ諦めてないですけどね♪

世の奥様へ

男性目線からすると、やはり女には『可愛い女』でいて欲しいようです。無理な要求ではなく【駆け引き上手】、抱きたいと思わせるような【色気保持】、生活感とは正反対の【女子力】をいかに磨き続けられるか。これはある意味、常に恋している状態ですね!こっそり外で恋愛してもいいでしょうし、旦那様に恋し続けれるならそれもいいですよね♪ほどほどの距離感って何事にも必要だということですね。お互いに頑張りましょう!!!

 

浮気をしている男性へ

嫁は魔法使いだと思った方がいいです。全てお見通しです。文句言ってこないなら、そこに感謝して美味しいものや綺麗な景色を『共にみて共感してください』。女性は心を使って欲しいのです。笑顔を向けて欲しいのです。それがない場合にお金を要求します。お金を要求された場合、そこまで悪化させてしまった自分に反省してください!下手に出て謝ると女はつけあがります。それも注意してくださいね!これ以上、モンスター化しないように奥さんを守って挙げてください。無理やりではなく丁寧なセックスをしてください。もしくは肌に触れてください。女を思い出させて下さい。名前を呼んであげてください。ガンバレ!!!



コメントを残す