離婚話になり改めて気づく事

こんにちは。自分解放応援団☆いーちゃんです!

 

久々に離婚話に発展しております。

離婚しても今までと同じ生活費と家賃分、ネットや光熱費も全て現金でくれるそう。後々揉めないように弁護士を入れて契約書?を作成するって言われた。慰謝料も請求されたら払うって。もらっておきます。

 

そう、離婚したらスッキリするし生活は今まで通り出来るし、娘と旦那さんの会う頻度が減るくらい。

 

私は晴れて、正々堂々と好きな人を作ることが出来て、年齢的に間に合えば新しく出会うパートナーの子を産めるかも知れない。もしそうなって、娘の立場が可哀想になってきたら引き取るかも知れないとまで旦那さんは言っていた。

 

離婚したらお互いにほっとするだろうと言われ、そんなに嫌なら直ぐにでも離婚で良いなと思い、一度目の離婚と同じく、離婚旅行に行こうという話にまでなったの。

 

私の中で、『離婚』って揉めるものではなくて、一大イベントみたいな感じで、今までありがとうの最後の思い出作りなので、楽しいイメージしかないの。(一度目の離婚旅行は、カナダアメリカの建築巡りの旅よ♪)

 

なのに、なぜ決心出来ないのか?もうね、自分でもほんとーにウンザリするほど、ここで数年ぐるぐる回ってるの!笑 結局、スッキリする気持ちと、好きだからこんな形でも一緒に居たい、が絶妙に半々だからなのよ!!くっそーー

どちらかにわかりやすく、好きな人でも出来たら話は早いけど!…っと言いながら、そう言われちゃったらめっちゃ悲しむだろうなーーー私(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

実際に旦那さんは好きな女性がいるから乗り気なんだろうしね。ボヤボヤしてると歳だけ行っちゃう!!女磨きこっそり始めとこう♡旦那さんはとっくの昔に体作りやってるんだもんね。やっぱあの人凄いな。全部ぜーんぶだいぶ前を歩いてる(走ってる)。

 

人柄は置いといて、やっぱ尊敬してるんだな。

 

私は料理の腕を磨き直そう。美味しく食べてくれる人がいれば料理は楽しいのよね。頭では嫌いって思うけどね!

最近は美味しいって言ってくれるから、作っちゃう(๑˃̵ᴗ˂̵)

旦那さんがやっと私を褒めて作らせることに成功したのか、はたまた、褒めるなら作るよと旦那さんの調教に成功したのか。笑

 

離婚話になって、ひと通りポロポロ泣いて悲しみまくると、こんなに大好きなのかと楽しくなってきて、結果前向きに料理のこととか考えちゃう。

 

結局、私は喜怒哀楽を楽しむためだけに彼といたいのかも知れない⁇

 

真実の愛とは、一体どんなものだろうか。

 

 

 

いーちゃん



コメントを残す